• 用語解説
  • 法曹界に関連する用語を解説します。
商標権について

商標権について

先日、人気スイーツの「ティラミスヒーロー」の商品名やロゴの権利が2社間で争いになり大きな話題を呼びました。

キーポイントになったのは「商標権」です。どういった権利かご存知でしょうか?

今回は、知っているようでよく知らないことの多い「商標権」について解説していきます。

商標権とは

商標権とは社名、商品やサービスの名称、ロゴマークなどに認められる独占的・排他的な権利です。

商品やサービスの名称やロゴなどを「商標」として登録すると、権利者はその商標を独占的に利用することができるようになり、他者は同じものや類似したマークを使用できなくなります。

たとえば「アサヒ」の文字を商標登録すると、権利者しか「アサヒ」の名前を使って商品を売り出せなくなります。「asahi」などのアルファベットや文字を装飾したロゴなどにも商標権を認められます。

商標の機能

商標には、以下のような機能があります。

1.他の商品やサービスとの区別

商標登録すると、自社製品と他社製品を明確に区別できます。たとえば「ビール」として販売するとどこのビールかわかりませんが「アサヒ」の「スーパードライ」として販売されていたらキリン製のものと間違われるおそれがなくなります。

2.他者に商標を利用させない効果

いったん商標を登録すると、利用できるのは権利者のみです。たとえばキリン社が「アサヒ」や「スーパードライ」の商標を使ってビール販売することは認められません。

まったく同じ商標だけではなく類似した商標を使うことも許されなくなるので効果が高いです。

3.自社商品のブランド化

長年同じ商標を使ってビジネスを展開し続けることにより、自社の商品やサービスを社会に深く浸透させ、ブランド化することが可能となります。

商標の種類

商標には、以下のような種類があります。

文字商標

文字のみでできた商標です。

イラストの商標

イラストや絵のみでできた商標です。

文字とイラストの組み合わせやロゴ商標

文字とイラストを組み合わせて商標登録することも可能です。

ホログラムの商標

ホログラムを商標登録することも認められます。

動き商標

車のドアの開閉などの特徴的な動きです。

音声の商標

特殊な効果音など、音声商標も認められるようになりました。

色彩(色の組み合わせ)の商標

特徴的な色の組み合わせを商標登録することも可能です。

位置商標

ジャンパーの袖など、特定の位置に模様がある場合などにも商標登録できます。

商標は「登録」する必要がある

商標権を得るには、特許庁に出願して「登録」する必要があります。長年商品名として使っている名称やロゴなどであっても、商標登録しない限り法律的には無意味です。先日のティラミスヒーローの件も、シンガポールのティラミスヒーローカフェ側が商標登録をしていなかったためにHERO’S社に乗っ取られてしまいました。

自社の権利を守るためには、早急に商標登録する必要があります。

商標を侵害されたときにできること

自社の商標が侵害されたら、以下のような対応が可能です。

1.使用の差し止め請求

無断で自社の商標や類似した標章を利用された場合、相手に対して利用の差し止めを請求できます。

2.損害賠償請求

相手が自社商標を使った営業によって利益を得ている場合、自社が被った損害賠償請求をすることも可能です。

3.刑事告訴

商標権侵害は刑事罰を伴う違法行為です(10年以下の懲役または1000万円以下の罰金刑)。刑事告訴をして相手に対する処罰を求めることが可能です。

商標権が争われた事例

1.湯―とぴあ事件(平成27年11月5日知財高裁)

同じように「ゆーとぴあ」と読むロゴマークを使っていた2社が、ロゴの類似性を巡って争った事案です。

商標登録していた会社は類似標章の利用者に対し、差し止めと損害賠償請求を求めましたが、高裁は類似性を認めませんでした。

2.小僧寿司事件(平成9年3月11日最高裁)

「小僧」という登録商標に対し、他社が「小僧寿し」「KOZOSUSHI」「KOZO」などの標章を利用したために類似性による損害賠償が争われた事案です。

最高裁は類似性を認めながらも「損害が発生していない」として、損害賠償請求を棄却しました。

自社の社名、商品名、ロゴなどは早急に商標登録して権利を守る必要があります。迷われたときには弁理士・弁護士に相談してみてください。



関連記事一覧