法律事務所に就職するための準備

法律事務所に就職するための準備

司法試験を終えてほっと一息をつく間もなく、法律事務所への就職活動はスタートします。法律事務所への就職活動を始める際には、念入りに準備をしてのぞむことが大切です。本記事では、具体的にどのような準備をすれば良いのかについて解説します。

どういう弁護士を目指したいかを考えよう

一口に弁護士と言っても、どういう弁護士になりたいかで就職先は異なります。たとえば、「困っている市民の助けになりたい」と考える場合は、民事事件を専門に扱う法律事務所が適していると考えられます。また、「海外ビジネスの一翼を担いたい」ということであれば、渉外案件を扱っている法律事務所に入るほうがよいでしょう。

就職活動をする前に、どういった弁護士を目指したいのか、そのためにはどういう法律事務所に入りたいのかについて、よく考えることが必要です。

どういった弁護士を目指したいのか

業界研究をしよう

理想の弁護士像が固まったら、業界研究をしましょう。法律事務所によっては、幅広く事件を取り扱っているところもあれば、「離婚問題専門」「不動産トラブル専門」を看板に掲げているところもあります。また、事務所の規模もさまざまで、弁護士1人で切り盛りしている小さな事務所もあれば、数百名の弁護士を抱えているような事務所もあります。

就職説明会を実施しているところも多いので、少しでも気になる事務所があれば、足を運んでみることをおすすめします。数は多くはありませんが、サマークラークを行っている事務所もありますので、積極的に参加しましょう。

応募書類を用意しよう

求人募集へ応募する際に必要となる履歴書と職務経歴書

求人募集へ応募する際に必要となるのが履歴書と職務経歴書です。応募先で特に指定がなければ、パソコンで作成したものでも自筆でも構いません。「自筆」と指定されている場合は、文字の丁寧さが選考基準のひとつになっている可能性が高いので、丁寧に記入しましょう。

また、特に求められていなくても、自己PR書を添えることをおすすめします。積極性をアピールでき、採用担当者にも好印象を与えることができるからです。自己PRには、自分の性格やそれを裏付けるエピソード、事務所にどのような貢献ができるかという点を記載します。エピソードには、クラブ活動やアルバイト、地域でのボランティア活動での話を書くと、興味を持って読んでもらえるでしょう。

不採用になっても落ち込まない

いくら丁寧に履歴書を書いても、書類選考で落とされてしまうことも少なくありません。面接までいっても、うまく自分をアピールできずに不採用となってしまうことも数多くあります。

しかし、何度不採用通知が来ても、過度に落ち込まないことが大切です。司法修習生は皆、同じような思いをしながら就職活動をしています。特に面接は回数を重ねるほどうまくなっていくので、一度や二度結果が伴わなかったとしても、「これも経験のひとつだ」と受け止め、次にのぞみましょう。

就職活動は早く始めれば始めるほど、それだけ情報を収集でき、選考の経験を数多く積むことができます。何度落とされても、失敗を学びに変えて就職活動を続ければ、確実に採用に近づきます。あきらめずに応募を続けることが何よりも大切です。

関連記事一覧