普段の町弁の仕事とは?

普段の町弁の仕事とは?

弁護士の仕事内容は、大手か町弁かで大きく異なります。

今回は、普段の標準的な町弁の仕事内容やスケジュールをご紹介します。

普段の標準的な町弁の仕事内容やスケジュールをご紹介

町弁の仕事内容

まずは町弁が普段どのような仕事をしているのか、代表的な業務をご紹介します。

法律相談

町弁の仕事は法律相談から始まります。ホームページや知り合いの紹介などで問い合わせてきた依頼者(候補)からいろいろな相談を受け、法的アドバイスを行います。その結果事件を受任するかどうかが決まるので、相談のステップは弁護士にとって非常に重要です。

交渉

弁護士というと訴訟や調停をしているイメージがあるかもしれませんが、町弁の取扱い事件には交渉案件も多いです。内容証明郵便を送ってその後交渉を継続したり、相手から請求を受けた方から依頼を受けて請求者と交渉をしたりするケースもあります。

調べもの

町弁は、意外といろいろな調べものをしなければなりません。顧問企業から法律問題や法制度について相談を受けたときや最新の法改正について調べるケースもありますし、訴訟を進めるに際して過去の判例や文献を調査しなければならないケースもあります。

町弁であっても事務所に多くの本を置いておくことが必須ですし、しょっちゅう図書館に通う必要があります。

調停、訴訟

もちろん、調停や訴訟の代理人を務める機会もたくさんあります。特に訴訟は弁護士がついていない本人訴訟だと著しく不利になるので、多くの人が弁護士に依頼します。地方裁判所以上の事件では弁護士の受任率も非常に高くなっています。

管財事件など

裁判所から依頼されて、破産管財人としての仕事をする人も多いです。管財人は裁判所が選任するので、よく依頼される人とそうでない人がいます。

刑事事件、少年事件

刑事事件や少年事件も町弁の仕事です。これらはどちらも緊急を要するので、依頼者から要請を受けたらすぐに接見などの対応をとらねばなりません。フットワークの軽い人に向いています。

顧問企業とのやり取りなど

顧問企業を持つ町弁には、顧問会社とのやりとりも重要な業務の内容です。経営者から相談を受けたり事務所や顧問先の営業所に集まって戦略会議を開いたりします。

町弁の1日のモデルスケジュールについて

  • 9時執務開始
  • 10までメールチェックや返信、郵便物のチェックなど
  • 10時 裁判所の期日
  • 10時半~11時半 起案
  • 11時半~12時半 相談
  • 12時半~13時 昼食
  • 13時15分 裁判所の期日
  • 13時45~15時 起案
  • 15時~ 顧問先での打ち合わせ
  • 17時 刑事事件の接見
  • 18時半 事務所に戻って相談
  • 19時半~起案
  • 23時 片付け、帰宅

上記よりも忙しい弁護士もたくさんおり、一日中相談や期日で手一杯な人もいますし帰宅が深夜12時を過ぎる人も多いです。

大手と町弁のどちらが良いのか?

大手と町弁のどちらが良いのか?

弁護士事務所に就職するとき、大手と町弁のどちらが良いのか迷う方もおられますが「どちらが良い」というものではありません。

収入的に大手の方が良いと言われることもありますが、地方の町弁で個人事件をたくさん受任していれば、意外と稼げるケースも多々あります。

結局、企業関係の仕事をしたいか留学したいか、あるいは民間人の泥臭い案件を主に扱って「人」を近くに感じて仕事をしたいかなど、好みによってとるべき選択肢が変わります。

なお大手に行きたいなら東京に就職するしかないので、東京で就職しない方は町弁になることになるでしょう。

今後就職や事務所の移転をする際の参考にしてみてください。

関連記事一覧